B型肝炎の給付金について


最近テレビのニュースや新聞でも見かける事の多くなったB型肝炎は、B型肝炎ウィルスが感染する事によって起こる肝臓の病気の事です。B型肝炎は、一時的に感染して回復する一過性タイプと、生涯において常に感染している状態が継続する持続感染タイプの二種類があります

B型肝炎B型肝炎に感染するのには色々な原因があり、感染経路が様々です。出産する際にの母子から感染したり、妊娠中に産道や子宮内で感染するのを垂直感染と呼び、セックスや注射により麻薬の乱用、入れ墨、ピアスの穴開け、不衛生な器具を使った医療行為などを水平感染と言います。最近、テレビなどで話題になっているのは、こちらの水平感染によるB型肝炎の感染です。

なぜこんなにもB型肝炎が注目されているのかというと、昭和23年から昭和63年までの40年間で国から施行された集団予防接種やツベルクリン反応検査が行われた時に、注射針や注射筒が連続使用されていた事実があります。この注射針や注射筒の使い回しが原因でB型肝炎ウイルスに持続感染した方がいるのです。B型肝炎ウィルスに使い回しによって感染した人の正確な人数は分かりませんが、最大で40万人以上とされており訴訟が行われております。

そこでこちらのページでは、個人では難しいB型肝炎の給付金請求を弁護士にお任せする方法やメリット、注意点などについての情報をご紹介します。B型肝炎の給付金請求は、非常にデリケートな問題になってきますので、まずはこちらのページで知識を深めてみてください。